※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

【HSPの転職】営業職から事務職へ転職するために実践する3つのこと

HSP

このまま営業として働き続けるのはきついかも。

HSPで営業職をされている方の中に「このまま今の仕事を続けていていいのか」と悩んでいる人はいませんか?

  • 組織の矢面に出てトラブルを解決しなければならない
  • 客先や上司へ気遣う場面が多く、人疲れしてしまう
  • ノルマ達成のため月末が近づくと気が重い

同僚の中には営業職が天職のように会話や立ち回りが上手く、ノルマを達成することにやりがいを感じている人もいます。

そういった人たちと自分を比べてしまい、「向いていないのかもしれない」と転職を考え始める人も多いはずです。

あーる
あーる

私もノルマへのプレッシャーや内面とは違う自分で他人と接することに疲れてしました。

営業職をうまくやれる人は、大体がおおらかな人。(悪く言うと細かいことを気にしない人)

HSPの気質とは真逆な人がうまく立ち回れています。

繊細で周りへの気遣いができることで、同僚やお客さんから信頼してもらえることはあります。
ですが、本人の気持ちはすり減るばかりです。

あーる
あーる

そこでHSP気質を持つ自分の内面を理解し、事務職へ転職しました!

いきなり異職種へ転職するのは不安かと思います。

転職成功までに実践したことをお伝えしますので参考にしてみてください。

HSPの営業職が事務職への転職を成功させるには?

転職をできるだけ有利にすすめる具体的な方法をお伝えします。

  • 転職先は前職と同業界を目指すこと
  • 異職種だからこその転職理由を作る
  • 転職エージェントを利用して履歴書と職務経歴書を添削してもらう

事務職へ転職するときのコツは同業界へ転職すること

事務職へ未経験で転職を成功させるコツは同業界へ転職すること

事務職の求人は、経験が問われることがほとんどです。

ですが、事務職の経験がない人も業界経験者であれば、企業に興味をもってもらえることがあります。

異職種だからこその転職理由を作る

初めて経験する職種へ転職をするからこそ、納得できる転職理由が必要です。

採用担当者は入社してもすぐにやめてしまうのでは?と心配しています。

だからこそ
・この仕事なら長く働ける理由

・営業職では長く続けられない理由

これらを明確にすることが大切です!

あーる
あーる

私の場合、ノルマを達成すること落ち着いて仕事をすることが同時にできないと感じて転職を決めました。

転職エージェントを利用して履歴書と職務経歴書を添削してもらう

どれだけやる気があっても、書類選考を通過しなければ意味がありません。

まずは履歴書と職務経歴書の内容を整えるために、転職エージェントへ登録しましょう。

あーる
あーる

まずは有名どころの転職エージェント3社から登録しておくのがおすすめです。
私は3社全部登録しましたが、最終的にはdodaを主に使っていました。

  • リクルー卜エージェント
  • doda
  • マイナビ

転職エージェントへ登録すると、面談時に履歴書と職務経歴書を添削してもらえます。

面談前に作成しておくと添削してもらえるとで、必ず作成しておくことがおすすめです。

事務職では、達成したノルマの実績よりも事務処理能力の部分をアピールしていきましょう。

・年間で目標の●●円を達成した
・営業成績トップだったので社内で表彰された

・上司からは部署内で一番ミスが少ないとほめてもらった
・契約書の作成を行っており、1日の2/3を事務処理が占めていた

あーる
あーる

営業でも行っていた事務処理はあるはず。
そこを中心にアピールしてみましょう。

書類選考が通ったら面接対策もどんどんエージェントを頼りましょう。

書類の添削や面接対策など相談事も無料でできるので活用しない手はないです。

HSPは事務職に向いている?

簡単そうに見えて、結構忍耐がいるのが事務職です。なのでコツコツと物事を続けられる人が向いています。

そういった面では事務職に向いているHSPが多いのではないでしょうか。

事務職は守りの仕事

成果を出しても結果に現れにくい
・ミス
がないよう慎重に行う業務が多い

営業職は攻めの仕事

ミスをしてもほかで挽回できる場面がある
基本的に成果主義

転職するか決心がつかない場合は、転職エージェントとの面談だけでも受けてみることをおすすめします。

無料で相談ができますし、登録したからといって必ず転職しなければいけないわけではありません。

あーる
あーる

プロと話してみることで転職をするべきか冷静になれることもあります。

まとめ:HSPが営業職から事務職へ転職するために実践する3つのこと

営業職から事務職への転職は、違った職種へ挑戦することになるので不安も多いかと思います。

ですが、今までの経歴やHSPだからこその内面的な部分を照らし合わせることで、転職を成功させることができます。

  • 転職先は前職と同業界を目指すこと
  • 異職種だからこその転職理由を作る
  • 転職エージェントを利用して履歴書と職務経歴書を添削してもらう

書類選考や面接対策は、転職エージェントをどんどん頼っていきましょう。

転職エージェントの担当者との相性もあります。

まずは転職ノウハウがしっかりある大手3社から登録してみることをおすすめします。

  • リクルー卜エージェント
  • doda
  • マイナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました