※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

【賃貸での同棲】入居審査を通過するための申込書の続柄の書き方

部屋探しの方法
 

カップルで同棲するとき、相手の続柄は何と書けばいい?

カップルで賃貸物件を借りる際、相手の続柄は婚約者として申込をすることが多いです。

なぜなら、普通の賃貸物件を他人同士で契約するのは、審査が通りづらく申込を断られてしまうことがあるからです。

全く入籍の予定がない場合は、同居人と記入する場合もあります。

 



同棲するときの続柄は婚約者とするべき?

間取り図を見るカップル

同棲するときの続柄は、婚約者としておいたほうが申込手続きはスムーズかもしれません。

他人同士で部屋を借りるよりも、いずれ家族になる人のほうが信用度としては高くなります。

同棲に対して大家さんや不動産屋が懸念するところ

・喧嘩やトラブルが発生してすぐに退去してしまわないか
・入居者の一人が出ていってしまい、家賃が支払われなくなる可能性がないか

そのため、とりあえずで続柄を婚約者と記入しても、年齢などである程度見抜かれてしまうこともあります。

また、審査時に入籍する時期などを確認される場合もあるので、答えられるようにしておいてください。

 



同棲の際に続柄を婚約者としたら入籍の証明が必要か

書類を見るカップル

入籍をしてどちらかの名字が変わった場合は、身分証明書写しなどの提出をすることが多いです。

提出のタイミングについては、管理会社など手続方法にもよるので確認してみてください。

また、続柄を婚約者としてからといって、本当に入籍したかどうか確認されることは少ないです。

ただし、大家さんや不動産会社の方針にもよりますので、トラブルにならないよう注意が必要となります。

 



まとめ:同棲するときの続柄の書き方は婚約者とする場合が多い

基本的に賃貸物件の審査は、他人同士の入居だと断られてしまうことがあります。

そのため、同棲するときは続柄を婚約者とすることが多いです。

結婚を前提としない場合などは同居人とするといいでしょう。

続柄を婚約者とした場合、申込時に不動産屋から入籍時期を尋ねられたら直近の日程を伝えられるようにしておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました